セルライト除去対策TOP | セルライト除去の基礎知識 | 自宅でセルライト除去対策 | 美容外科・エステ セルライト除去 | セルライト除去できる美容外科 | リンク集 |

セルライトの原因2 脂肪細胞

セルライトとは「脂肪の塊」のことです。そのためセルライトができる原因には脂肪細胞の存在が大きく関わっています。セルライト除去を考える上で、外すことができない脂肪細胞とは、そもそもどういう細胞なのでしょうか。

脂肪細胞とは体内で脂肪の合成や分解、蓄積をおこなう細胞のことを言います。脂肪細胞での脂肪蓄積量が増大していくと、体脂肪率が上昇し、肥満になります。

今までは、脂肪細胞は最初のうちは増加するものの、一定の年齢を超えると増加せずに、細胞が肥大するため肥満が起こると考えられていましたが、最近の研究で、一定の年齢を過ぎても脂肪細胞が増殖することが明らかになりました。

脂肪細胞が最も増えるのは、胎児期、乳児期、思春期ですが、思春期を過ぎてもまだ増殖しますので、大人になってもセルライトができる原因が減るわけではありません。

人間の体内にある脂肪のうち、いちばん多く体に蓄えられるのは、中性脂肪です。中性脂肪は、一部が肝臓に蓄えられるほかは、脂肪細胞に蓄えられます。脂肪細胞は成人の場合で約250億〜300億個あり、脂肪細胞自体の大きさが3〜4倍にまで膨張します。

また、脂肪細胞は他の細胞とは違い、いったん脂肪細胞の数が増えてしまうと、ほとんど死滅することがありません。ダイエットなどによって見た目が痩せても、脂肪細胞のサイズが小さくなっただけで脂肪細胞の数は減りません。つまり、セルライト除去の必要性がずっとつきまとうことになります。

※セルライト除去おすすめエステ体験をランキングで紹介!
※詳しくはこちら⇒セルライト除去エステ体験

※楽天市場で検索!
楽天市場でセルライト除去グッズを探す

セルライト除去対策TOPへ戻る▲


▼同カテゴリー「 セルライト除去の基礎知識 」の記事一覧
セルライトとは
セルライトの原因1 循環機能
セルライトの原因2 脂肪細胞
セルライト原因3 老廃物・コラーゲン
セルライトができると・・・
セルライトのタイプ別の特徴
セルライト進行の初期・中期
セルライト進行の後期・末期
セルライトを予防する
むくみ解消でセルライト予防
食生活改善でセルライト除去

セルライト除去の基礎知識

自宅でセルライト除去対策

美容外科・エステ セルライト除去

セルライト除去できる美容外科

リンク集

 
セルライト除去対策TOP | セルライト除去の基礎知識 | 自宅でセルライト除去対策 | 美容外科・エステ セルライト除去 | セルライト除去できる美容外科 | リンク集 |