セルライト除去対策TOP | セルライト除去の基礎知識 | 自宅でセルライト除去対策 | 美容外科・エステ セルライト除去 | セルライト除去できる美容外科 | リンク集 |

セルライト進行の初期・中期

セルライトの初期

セルライトができる初期段階はどのようになっているのでしょうか。

人間の正常な皮下脂肪組織は、脂肪細胞がネット状になっているコラーゲン線維に支えられています。コラーゲン繊維に支えられた脂肪細胞は毛細血管の周りにあり、他の細胞と同じく栄養や老廃物のやり取りを盛んに行っていますが、肥満になり脂肪細胞が肥大化してくると、肥大化した脂肪細胞によって毛細血管が押しつぶされ血管の壁がもろくなります。

もろくなった血管の壁は、部分的に血流が悪くなるためうっ血が起こります。また、血管の壁は、女性ホルモンや食生活等の影響などでもろくなる場合もあります。血管の壁がどんどんもろくなると、もろくなった血管の壁から血漿が漏れ出し始めます。

血漿が漏れ出して溜まったものをエデマと呼びます。エデマはコラーゲン線維を破壊する性質を持っていて、コラーゲン繊維の脂肪組織を取り囲む力が弱くなってしまいます。エデマが出現し始めた段階が、セルライトの初期段階といえます。

セルライトの中期

エデマが出現し始めたセルライトの初期段階をそのまま放っておくと、セルライトの中期段階に移行します。

エデマによってコラーゲン線維が破壊されると、脂肪細胞はコラーゲン繊維の支えを失ってぶよぶよした状態になります。脂肪細胞と血管との栄養や酸素、老廃物などの物質交換がうまくいかなくなりはじめ、脂肪細胞はどんどん変形していきます。

エデマによって破壊されたコラーゲン線維自体は再生が始まるのですが、コラーゲンが異常に増殖してしまい、変形したいくつもの脂肪細胞が増殖したコラーゲンによってまとめて固められてしまいます。

変形したいくつ物脂肪細胞が増殖したコラーゲンによってまとめて固められてしまった状態がセルライトで、セルライトができ始めた状態がセルライトの中期といえます。

セルライトの中期段階では、毛細血管の血管の壁はどんどん弱くなり、少しぶつけただけでも内出血し、内出血が治りにくくなってきます。
セルライトの中期段階では肌の弾力が失われ、肌をつまむとえくぼのようなくぼみができるようになります。

※セルライト除去おすすめエステ体験をランキングで紹介!
※詳しくはこちら⇒セルライト除去エステ体験

※楽天市場で検索!
楽天市場でセルライト除去グッズを探す

セルライト除去対策TOPへ戻る▲


▼同カテゴリー「 セルライト除去の基礎知識 」の記事一覧
セルライトとは
セルライトの原因1 循環機能
セルライトの原因2 脂肪細胞
セルライト原因3 老廃物・コラーゲン
セルライトができると・・・
セルライトのタイプ別の特徴
セルライト進行の初期・中期
セルライト進行の後期・末期
セルライトを予防する
むくみ解消でセルライト予防
食生活改善でセルライト除去

セルライト除去の基礎知識

自宅でセルライト除去対策

美容外科・エステ セルライト除去

セルライト除去できる美容外科

リンク集

 
セルライト除去対策TOP | セルライト除去の基礎知識 | 自宅でセルライト除去対策 | 美容外科・エステ セルライト除去 | セルライト除去できる美容外科 | リンク集 |